TOP

頑張る就活生の為に役立つ情報を掲載します。

就職の可否を決める採用試験はどうやって考査するの?

求人情報を出すとたいていのケースで、募集人員以上の人材が応募します。もし募集人員と同じ、それ以下の場合でも無条件で全員採用しないケースもあります。会社の求める一定レベル以上の実力を持っているかどうかチェックしたいという所もあるからです。応募のあった人材の中から、誰を社員として採用するか決めるために、採用試験を行います。どのような試験を実施するかですが、会社によって変わってきます。多くの会社で採用しているのが、面接試験です。志望者と面接官が質疑応答をしていく中で、会社の求める人材かどうかを見極めます。一発勝負のケースもあれば、何段階にわたって面接試験を行って、志望者をふるいにかけるという方式をとるケースもあります。また1対1の面接の所もあれば、グループ面接を採用している会社も見られます。さらに面接試験と合わせて、筆記試験を導入している企業もあります。筆記試験の内容ですが、一般常識を問う問題が多いです。

記念受験が好まれない理由

内定をもらう可能性が全くない、もしくは可能性が少ない企業に記念になるから応募する事を記念受験といいます。入れたらラッキーくらいの気持ちで受験するため、入社する意欲も少なく、入社後のビジョンもしっかりしていない人がとても多い事が特長です。記念受験にはどうせ受かるはずがないと思いながら受験できるため、面接などで緊張していない状態で臨める他、その後にある本命に応募する際の予行練習にもなりますので、求職者から考えるとメリットが多いかも知れませんが、少し考えなければいけないのが、採用側の立場です。採用する側としては、本気で入社希望をしている求職者のみ対応して行きたいと思っています。面接や書類審査もただではできませんので、本気で自社の事を考えている人のために、時間も労力もかけたいのが本音だと思います。もし、受験して内定をもらった場合でも、辞退されたり、就職後に退職する人も多いので、企業側にはデメリットが多いと思います。もちろん求職者も時間もお金もかかりますので、デメリットが無いわけではありませんので、なるべく記念受験を行う事は控えてください。

志望動機はどのような理由を考えるべきなのか

志望動機とは、名前のままその企業への就職を志望した理由の事です。ほとんどの履歴書にはこれを書くための欄がありますし、面接でも聞かれる割合の多い質問です。その企業への就職をなぜ志望したのか、どうしてその企業でなければいけなかったのかなど、その企業を志望する動機として書ける内容は多くありますが、答える内容次第では面接官などに対して悪い印象を与えてしまう可能性もあります。志望動機を考える時に、その会社の長所だと思って有名な企業だからや業界の大手だから、という返答を考える人が多くいます。ですがこういった内容では面接官側に良い印象を与える事はできず、逆にこの人はそういった企業ならばどこでも良いのだなと悪い印象を持たれてしまいます。ですので企業への志望動機として、こういった数多くの企業にあてはまってしまう内容は不適切であると言えるでしょう。その企業だからこその特色などを挙げ、それらが他の企業に比べて良いと思ったから選んだなど、その企業でなければいけないという理由を考えなければいけません。そのため志望する動機を考える時には、まず就職を志望している企業の情報を集めて整理するという必要があります。


業界未経験OK!学歴不問の正社員求人(中途採用)情報【株式会社コネクト】

フリースペース

サイトマップ